ハードなトレは仕事に支障も

ダイエットがしたいと思っている場合、筋肉トレーニングなどを行うことで痩せようとする人たちは数多くいるはずです。しかし、その場合、加減がとても大切になってきます。ダイエットしたいと思うあまり、ハードなトレーニングを行うようにすると、仕事に支障が出てしまうこともあるのです。筋肉痛になってしまう可能性もありますし、仕事の内容によっては集中力が低下してしまったり、事故やケガの原因になってしまうこともあります。ハードであれば、より早くダイエット出来るという訳ではないのです。毎日の生活のことも考えた上で、行っていくことがとても大切です。 疲れがある時などは、一時的に休むことも大切です。仕事で疲れているのに、ハードなトレーニングを帰宅後に行ったりすると、より身体が疲労してしまいます。注意するようにしましょう。 ハードなものを行うよりも、オフィスなどで空いている時間に、少しずつ軽い運動を行っていくようにしましょう。例えば、腹筋を鍛える場合は、デスクワークの時に行うことが出来ます。座った状態で、足を床から10センチほど上げるだけで良いのです。なれることが出来たら、バタ足をしたりします。また、空いている時間には、壁に手をついて腕立て伏せをするという方法があります。床の代わりに壁を使うという方法です。ハードではないので、気軽に行うことで二の腕を鍛えることが出来ます。ドローイングと呼ばれる方法もよいです。腹式呼吸でお腹のまわりの筋肉を引き締めるものです。背筋をまっすぐ伸ばして、おしりを引き締めます。肩を後ろにひいてお腹をひっこめた状態で、30秒間キープするだけです。その他、空気イスなどの方法もあります。背中を壁にあずけた状態にして、イスがあるように膝をまげて座ります。下半身を鍛えることが出来るダイエット方法です。 このように、ハードなトレーニングを行わなくても、オフィスで空いた時間などにダイエットを行うことが出来ます。色々なものがありますので、試してみるようにしましょう。

力を使いすぎると

オフィスで座ったままで出来る筋トレでは、体の力を抜いてリラックス状態で行うことが大切です。 力を使いすぎず・・・詳細は見出しをどうぞ!

Copyright(c) 2015 時間を有効活用!オフィス筋トレ All Rights Reserved.